一般社団法人 静岡県紙パルプ技術協会へようこそ!

ニュースリリース一覧

令和3年度(2021年度)

令和4年度第1回紙関連技術講演会開催のお知らせ

貴社ますます御清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、令和4年度第1回紙関連技術講演会を下記により開催いたします。業務御多忙中のことと存じますが、多数御参加くださいますよう御案内申し上げます。

1 日 時  令和4年7月13日(水) 13:30~15:45
2 場 所  富士工業技術支援センター 大研修室(富士市大渕2590-1)
3 会 費  無 料
4 定 員  50名
5 テーマ及び講師
(13:00~13:30)受付 
 (13:35~14:35)
(1)テーマ:「健康づくりは未来への投資~職場で取り組む健康づくり~」
講演者:静岡県富士健康福祉センター医療健康課 主任 阿部 由貴 氏
要 旨: 現在の健康づくりは、未来の健康状態に直結します。5年後、10年後も健康に生活するため、「今から」できる健康づくりを御紹介します。 
具体的な食事の選び方を中心として、禁煙についてもお話しします。
また、近年注目されている「健康経営」のすすめ方について、県や市の支援事業や実践事業所の取組事例とともに御紹介し、職場での健康づくりを一緒に考える機会にしたいと思います。
(14:45~15:45)
(2)テーマ:「はさまれ、巻き込まれ災害とフォークリフト災害防止対策について」
講演者:富士労働基準監督署 安全衛生課 地方産業安全専門官 鷹野 綾
要 旨: 富士労働基準監督署管内では令和3年に7件の死亡災害が発生しており、うち2件がパルプ・紙・紙加工品製造業での災害でした。パルプ・紙・紙加工品製造業の災害は2件とも「動力機械」を起因物とする「はさまれ、巻き込まれ」災害でした。令和4年になってもパルプ・紙・紙加工品業での死亡災害は続いており、フォークリフトによる死亡災害が静岡県内の事業場で発生しております。死亡災害等の重大災害防止のため、「はさまれ、巻き込まれ」災害と「フォークリフト」災害防止対策について説明します。

  
6 申込方法
申込書に必要事項を記入し、7月6日(水)までにFAXでお申込みください。定員となり次第、締め切らせていただきます。なお、受講できない場合のみ御連絡します。申込後に欠席等が生じる場合には、御連絡ください。

申込締切 令和4年7月6日(水)
「第1回紙関連技術講演会」申込書

申込先 〒417-0801 富士市大渕2590-1
一般社団法人 静岡県紙パルプ技術協会
専務理事  秋定一知
             Fax 0545-35-5027 (TEL 0545-35-5025)

7 新型コロナウイルス感染予防対策について
① 当日来所前に体温を測定し、マスクを着用してお越しください。体調が良くない、周囲に感染が疑われる方がいる場合や陽性患者との濃厚接触の疑いがある場合は参加を見合わせてください。


製紙工学技術者新入社員研修2の募集案内 

謹啓
日頃から協会の運営にご支援ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、本年度、入社1年未満の初任者を対象とした「新入社員研修2」を下記のとおり実施します。
 ご参加いただきますようご案内いたします。
 内容については、第1回目と同様です。
 なお、新型コロナ対策の一環として、定員は28名とさせていただきます。

                  記
1 開催日  :令和4年7月7日(木)
2 研修内容・時間割:
    (受付:8:40~9:00)
  ①紙パルプ業界の現状・・・・・・・・・・・・・・・9:00~12:00
  ②紙の原材料
③抄紙概論
  ④塗工概論
  (昼休憩)
④加工・家庭紙概論・・・・・・・・・・・・・・・・13:00~14:30
⑤紙の試験
⑥「CNFとは?」
  ⑤古紙処理・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14:40~16:00
3 研修場所
   富士工業技術支援センター(富士市大淵2590-1) 大研修室
4 受講料:参加者1名につき、会 員:8,000円(含・テキスト代)
      非会員:12,000円(含・テキスト代)
5 定員:28名(先着順)
6 申込締切 令和4年6月3日(金)  終了しました。

  新型コロナウイルス感染症対策として、以下の対策を実施します。

会  場

 ・施設側の基本的対処方針に従い、収容定員を遵守し、十分な席間隔を保ちます。
 ・会場出入り口に手指消毒液を設置します。
 ・手洗い場の案内を表示します。
 ・手洗い・咳エチケット等を周知します。

  来 場 者
 
・風邪などの症状がある方の参加はお控えいただきます。
  また、ご来場時に体調確認をいたします。
 ・マスクの着用の徹底をお願いします。
 ・近接した距離での会話等をお控えいただきます。
 ・お住まいの地域によっては、ご来場をお控えいただく場合があります。

    みなさまのご理解、ご協力の程、お願いいたします。

 担当 一般社団法人静岡県紙パルプ技術協会(富士市大渕2590-1)
     専務理事 秋定一知 ℡0545-35-5025、fax0545-35-5027

メール skamipagk@cotton.ocn.ne.jp

第1回技術講演会を開催(令和3年7月15日(木))

参加者:32人
会 場:富士工業技術支援センター大研修室

(1)「職場で取り組む健康づくり」
「ふじ職域健康リーダー」
静岡県富士健康福祉センター医療健康課 主査 村上 亜紀 様
     富士市保健部地域保健課      保健師 鈴木 麻衣 様
「 近年注目されている「健康経営」とは、「事業所が従業員の健康に配医療健康に配慮することによって、経営面にも大きな成果が期待できる」という視点から、健康管理を戦略的に実践することです。今回、「健康経営」のすすめ方について、県の支援事業や取組事例とともに御紹介し、職場で取り組む健康づくりについて一緒に考える機会にしたいと思います。また健康にとって大切な食事の選び方について、手軽で身近なコンビニ食を例に紹介して頂きました」。

(2)「製紙業における労働災害防止について」
富士労働基準監督署 地方産業安全専門官 野口 和秀 氏
「 富士労働基準監督署管内の休業4日以上の労働災害は、令和2年が488人と令和元年に比べ36人減少となり、製造業では193人と令和元年と同数となりました。このような状況において、パルプ・紙・紙加工品製造業の労働災害は64人と令和元年に比べ3人増加しており、3年連続で対前年比増となっています。増加している要因は何なのか、労働者死傷病報告のデータを分析し、労働災害防止対策について説明させていただきました。」



新入社員研修2(中小企業等技術者研修製紙工学課程)

日 時 令和3年7月1日(木)
       (研修時間 6時間)
場 所 静岡県富士工業技術支援センター 大研修室
受講者 25人
  内容 紙・パルプ産業の技術者の皆さんを対象に、紙についての一般知識、紙の原材料、古紙処理、抄紙、仕上げ・加工等の概論についての研修を実施しました。




新入社員研修1(中小企業等技術者研修製紙工学課程)

日 時 令和3年6月17日(木)
      (研修時間 6時間)
場 所 静岡県富士工業技術支援センター 大研修室
受講者 28人
  内容 紙・パルプ産業の技術者の皆さんを対象に、紙についての一般知識、紙の原材料、古紙処理、抄紙、仕上げ・加工等の概論についての研修を実施しました。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional